Forex News

Providing tailored solutions to the individual clients needs. As a Broker ourselves we understand your needs.

2月 03, 2020

FXリクイディティとは。FX取引におけるリクイディティの重要性

リクイディティという言葉は通常、金融市場においてどれだけ簡単に資産を現金化できるのかということを表した用語です。FXマーケットにおいてリクイディティは極めて重要であり、すべてのマーケット参加者がその仕組みについて理解しておく必要があります。

 

FXリクイディティとは、取引レートに大きな影響を与えずに通貨ペアが売買される機能を指します。売買が容易な場合、通貨ペアのリクイディティは高いレベルにあるということができ、そのペアの取引活動はかなりの量になります。

FX取引におけるリクイディティは、取引で利益を生むための主要要因であり、その重要性は明白です。金融市場でより高いリクイディティがあれば、取引フローが容易になりますし、価格がより競争的になります。正常に機能している資産マーケットにおいてリクイディティが供給されることは重要であり、だからこそFX取引の場合はFXリクイディティのニーズが生まれるのです。リクイディティがどのようにFXに影響を与えるのか、以下で見ていきましょう。

 

誰がFXマーケットにリクイディティをもたらすのか。

それでは、FXにおけるリクイディティプロバイダーとは何なのでしょうか。リクイディティプロバイダーとは、プロフェッショナルマーケットメーカーとしての役割を持つマーケットブローカーまたは機関で、通貨取引の両エンドで機能します。

複数種類の市場参加者がFXマーケットにリクイディティをもたらすことで、FXリクイディティの量が増加します。参加者には、中央銀行、大手都市銀行や投資銀行、ヘッジファンド、外国投資マネージャー、FXブローカー、リテールトレーダーおよび個人富裕層が含まれます。

FXマーケットにおけるトップリクイディティプロバイダーは、ティア1リクイディティプロバイダーとして知られています。ティア1プロバイダーは大規模なFX部門を持つ最大手投資銀行で構成されており、値付け対象のFXペアに売買相場を提供する他、クライアントにその他様々なサービスを提供しているところも多数あります。

 

FXにおけるリクイディティの重要性

FXマーケットにおけるリクイディティの重要性は、どんなに強調しても強調しすぎることはありません。すでに述べた通り、トレーディングにおいて魅力的な見返りを実現するもっとも重要な局面とは、流動マーケットの存在です。FXリクイディティサービスの必要性は、ここから生まれるのです。

リクイディティプロバイダーは、他のマーケットメーカーで相殺可能な、または後でマーケットメーカーの帳簿追加で流動化できるようなFXペアのポジション取りをすることで、より高い価格安定性の実現に努めます。FXマーケットメーカーの中には、注文を見守りクライアントのためにレベルをコールし、クライアントの代わりに市場注文を実行するところもあります。

個人トレーダーの場合、ティア1リクイディティプロバイダーと直接やりとりすることはありません。個人トレーダーは、オンラインブローカーを通してFXマーケットにアクセスします。良いオンラインブローカーは、注文の大部分に応じるために、ティア1リクイディティプロバイダーを最低でも数社利用し、通常は取引実行のためにECN/STPネットワークにアクセスします。その他のブローカーは、事実上すべての取引をティア1や二次リクイディティプロバイダーに直接移行する、ノー・ディーリング・デスク(NDD)ベースで運用しています。

取引デスクを運営するブローカーは、自社システムでクライアントに売買させ、ブローカーが取引の反対エンドを担うことでリクイディティプロバイダーとしての役割を引き受け、必要に応じて専門取引先のあらゆるリスクを軽減しています。これらの企業は効果的にマーケットメーカーとしての役割を果たしており、これらの企業のビジネスは、トレーダーのほとんどが取引をすることで損をするという事実をうまく利用しています。

オンラインFXブローカーは通常、リクイディティプロバイダー数社と繋がってよりよい取引レートやスプレッドを獲得します。そうすることで、複数のリクイディティプロバイダーから獲得しうる最もよい価格を顧客に提供できるのです。

 

リクイディティプロバイダーを選ぶ際に検討すべきこと

ベストなリクイディティプロバイダーを調達するには、ブローカーは自社独自のニーズを評価し、いくつかの要因に対応する必要があります。主要なところでは、ブローカーはどのような資産とリクイディティの種類が提供されているかについてオファー全体のパッケージを見る必要があります。リクイディティプロバイダーによって、FIXプロトコルと履歴データと共に、マルチ資産リクイディティが提供されていることが非常に重要となります。さらに、異なる通貨による指定口座が選択できることが理想的です。

マーケットの厚みは、もう一つの主要な検討事項です。これは、特定の通貨に対するリクイディティと厚みの目安となります。各価格における売買注文数が多ければ多いほど、マーケットの厚みが大きくなります。リクイディティプロバイダーは、特に影響力の大きいマーケットニュースが発表されたタイミングでも、リクオートやスリッページなどの取引を素早くオファーできる必要があります。

リクイディティプロバイダーの価格オファーは、競争的なスプレッドに加え、低いコミッションおよびどちら側にも妥協しないスワップを含んでいる必要があります。

また、リクイディティプロバイダーは、業界のベストプラクティスの下で運営し、プライムブローカーのバックアップを受けられるよう、ブローカーと同様の規制を課されている必要があります。

最後に、評判のあるリクイディティプロバイダーであれば、規制要件を満たせるよう自動化された堅固なレポートシステムを提供できなくてはいけません。典型的なレポートには、取引レポート、FIXブリッジレポート、スワップ/ロールオーバーレポートおよび注文ブックなどがあります。また、リクイディティプロバイダーは、FIXプロトコルやその他のAPI、MT4/MT5ブリッジコネクションやFIXブリッジを導入できなくてはいけません。

 

Amalga FXリクイディティ

Amalgaは、リクイディティ提供のエキスパートで、ティア1リクイディティへの直接アクセスを単一で提供し、企業が超低価格取引コストで、比類ないレベルの技術、厚みのあるリクイディティ、そして実行スピードを実現できるように手助けしています。

AlmagaはFXリクイディティプロバイダー業界トップ10に入っており、簡単に導入ができるソリューションを提供し、マルチ通貨口座一つで800以上の取引機関と7の資産クラスへのアクセスを可能にします。

ブローカーは弊社のリクイディティプールにわずか5分ほどで接続でき、米ドル建て、ユーロ建てまたはその他のあらゆる法定通貨建て口座、BTCまたはETH建てマージナル・アカウント、最も深い機関向けリクイディティプールへの直接アクセスおよび超タイトスプレッド等、様々な強みを利用するための完璧なポジションをとることができます。ぜひ弊社にお問合せ下さい。

« Back