Forex News

Providing tailored solutions to the individual clients needs. As a Broker ourselves we understand your needs.

5月 25, 2020

最適なオフショア地域を選ぶ際の検討事項(FXブローカーライセンス申請)

1.予算

当然、ライセンスは可能な限り安く取得し、残りの資金の大半をFXリードやインフラ構築に充てたい希望する方が大半でしょう。ほとんどのオフショア地域では低予算でライセンスを提供していますが、それが必ずしも適切だとは限りません。ご自身のブローカー業務に合った正しい地域を選ぶには、慎重な検討が必要となります。

次に検討するべき事項は、必要資本金の額、そしてそれが固定されるかどうかです。多くのオフショア地域では妥当な資本金要件が手頃なため、資本が縛られてしまうことはありません。

2.ターゲット地域

通常、新規ブローカーは、ある程度経験を積み、信頼できるブローカーとしての評判を確立するまでは、一つのターゲット市場・地域に焦点を絞るものです。オフショア地域では運営地域に制限がないため高い柔軟性を備えている一方、マイナス面もあります。(例えば、ライセンスを取得したオフショア地域のイメージなど)しかし、これらは対処が可能であり、適切なビジネスプランを設定することで信頼を構築することもできます。

昨今、欧州でESMA規制が変更されたことにより、 ブローカーはオフショア地域や非ヨーロッパ地域での新たなFXライセンスの申請を検討するようになりました。レバレッジは無制限が常に望ましいですが、ほとんどのオフショアライセンスは、レバレッジに制限を課しておりません。

3.申請期間

ライセンスによって交付期間は異なります。前述の通り、弊社では直ぐに取得可能なライセンスのご要望をしばしばいただきますが、ほんの数ヵ月でライセンスを取得することは必ずしも容易なことではありません。実際、地域によってはFXライセンス取得に12-18ヵ月ほど要する場合もあります。短期間でライセンス取得を希望される場合には、比較的早くライセンス取得が可能な国もあります。 

4.事業上の検討事項

オンショア・オフショアを問わず様々なグローバル地域において、FXブローカーラインセンスの取得は比較的容易に行うことができます。しかしながら、銀行取引に関しては、しばしば大きな課題が生じています。世界的な規制変更、厳格化するマネーロンダリング対策、そして新規銀行口座に総じて向けられる一層厳しい視線により、オンラインFX業界における銀行取引は、より厳しい課題となっています。特定の地域について検討を開始する前に、まずは銀行口座開設が可能かどうかを判断することが重要です。

次に、プラットフォームをホワイトラベルにするか、ライセンスを購入するのかについての検討が必要です。クライアントベースが構築されていない初期段階から、新規企業のライセンス購入を正当化するの難しいですが、検討すべきオプションは存在します。例えばプラットフォームライセンスを購入すれば、サーバーホストはLD4やNY4に限りなく近い環境となり、低遅延を実現することができます。弊社は、適切なブリッジを使用することで問題を解決するお手伝いをいたします。

最後に、新規ブローカーにとって、適切なリクイディティ―プロバイダーを見つけることが困難な場合があります。アグリゲーションの最適化には通常、2社または3社のリクイディティプロバイダーが必要となり、新規ブローカーにとってはこの最低料金がネックとなる場合もありますので、弊社が最適なソリューションを見つけるサポートをいたします。

« Back